www.unitedmethodistretirementcenter.org

グルコサミンの体内での役割

グルコサミンは動物の皮膚や軟骨に多く含まれるムコ多糖類の一種です。人間の体内では靭帯や軟骨に多く存在しています。軟骨は関節と関節のクッションの役割をしていて、関節同士がこすれる痛みを防ぐなどの働きをします。軟骨があるから関節の曲げ伸ばしなどスムーズな動きができます。
評判のグルコサミン←良いサイトです。
軟骨がすり減ると痛みや炎症が出ます。激しい運動や無理な動き、加齢によって軟骨がすり減ります。
グルコサミンは体内で作ることができますが、歳を重ねるごとに代謝が低下して軟骨の生成が低下します。スムーズな動きができなくなったり、関節の痛みが出ます。
話題のコンドロイチンです。
関節の痛みを取り除くには軟骨を増やす必要があり、そのためにグルコサミンを摂取します。グルコサミンは食品やサプリメントから摂取できます。関節痛を和らげる効果がある量を食品から摂取するには、大量に食べる必要があり難しいので、サプリメントを利用することが多いです。不足したグルコサミンを手軽に補うことができます。
知っておきたいグルコサミン コンドロイチンのことならこちら。